Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

SUPER★DRAGON、初冠番組で“マジ”スポーツ対決 「9人で番組をやりたかったので夢が叶った」

リアルサウンド

19/7/19(金) 17:00

 SUPER★DRAGON初の冠番組『SUPER★DRAGONの本気スポーツテスト!(スパドラのマジスポ!)』(TBS系)が、7月22日深夜よりスタート。7月19日、同番組の試写会と囲み取材が行なわれた。

(関連:SUPER★DRAGONは進化し続ける パフォーマンス通じて“感情共有”した『Emotions』ツアー

 同番組はメンバーが本気でスポーツに取り組み、運動神経No.1を争うというもの。No.1になったメンバーには豪華商品が、敗者には罰ゲームが予定されている。試写会ではオープニングと「基礎体力マジバトル」の模様を一足先に見ることができた。揃いのユニフォームに身を包み意気込むメンバーや、タイトル通り“マジ”で腕立て伏せや腹筋、スクワットにチャレンジする姿を見ることができる貴重な映像に。もちろんメンバー同士の仲睦まじい姿もしっかりと映し出されていた。

 試写会後の囲み取材には玲於、毅、ジャン、颯、壮吾、楽の6人が登場。撮影を振り返り、「筋肉が喜んでいました」と筋トレを欠かさない玲於がコメントし、壮吾は「やったことのない経験だったので楽しかったです」と笑顔を見せた。初の冠番組が決定した際の思いについては「嬉しかった!」と口を揃えるメンバー。楽は「ずっと9人で番組をやりたかったので夢が叶った」、颯は「スポーツをしている姿を見ていただくのは新しい機会」と新鮮さに注目してほしいとコメントした。メンバーは番組で「基礎体力マジバトル」「綱引きマジバトル」「マジ障害物バトル」「マジフリースローバトル」「マジ大縄バトル」「マジダッシュバトル」「マジブラ耐久バトル」の7つの競技にチャレンジ。一番キツかった競技にメンバーは揃って「大縄」を挙げた。9人で100回飛ぶという目標に向かってノンストップで競技に挑戦し、メンバーの絆も深まったよう。大縄を回していたスタッフ2名も大変だったようで、ジャンが「SUPER★DRAGON、あの時だけ11人だった」と言い、場を和ませた。

 また、この日の会見に参加できなかった和哉、洸希、彪馬の活躍ぶりにも注目だという。玲於に続く優勝候補だという和哉に対し、洸希は「ガッツがある」と評価。そして彪馬は「テクニカル」とのこと。3人の活躍ぶりも今後番組でオンエアされる予定だ。綱引きで足をつってしまったという楽は「しっかり伸ばしましょう」とストレッチの大事さを知ったことをコメント。さらに番組名にかけて“マジ”になっていることという話題では「架空の鉄道会社の運営」(壮吾)、「紅茶」(玲於)、「パフェ」(毅)、「飼っている猫の可愛さを広めること」(颯)、「料理」(楽)とそれぞれが語った。最後にこの夏に挑戦したいことを聞かれると、メンバーから「無人島でサバイバル」と筋力を生かせるチャレンジが挙げられた。

 番組は『買い物ラボ』の2分コーナーで月、火、水の3時から4時台に不定期で放送。8月9日からはオンエア分と未公開分をまとめ、毎週金曜日に動画配信サービス・Paraviにて配信も予定している。(村上夏菜)

アプリで読む