Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

バウハウスを紐解く『バウハウス100年映画祭』、ドキュメンタリー6作上映

CINRA.NET

19/8/9(金) 20:00

上映イベント『バウハウス100年映画祭』が、11月23日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で開催される。

1919年にヴァルター・グロピウスがドイツで創設し、今年100周年を迎える総合芸術学校・バウハウス。教師陣にはパウル・クレー、ヴァシリー・カンディンスキー、ヨハネス・イッテン、ラースロー・モホイ=ナジ、ハンネス・マイヤーなどが名を連ね、ヨゼフ・アルバース、マルセル・ブロイヤー、マックス・ビルらを輩出したが、ナチスの迫害を受けて約14年間で幕を閉じた

『バウハウス100年映画祭』は、バウハウスや関係者の姿を追ったドキュメンタリー映画6作品で構成された4つのプログラムがラインナップ。プログラムAは学生たちの証言や記録を収めた『バウハウス 原形と神話』を上映する。プログラムBは、現代に生きるバウハウスの精神を映す『バウハウス・スピリット』と、男性優位のバウハウスで陰の存在となった女性たちに迫る『バウハウスの女性たち』の2本立て。

プログラムCは、バウハウスの校長を務めたミース・ファン・デル・ローエを追う『ミース・オン・シーン』と、ガラス張りの工場「ファグス靴型工場」の歴史を辿る『ファグスーグロピウスと近代建築の胎動』で構成される。プログラムDは「バウハウス最後の巨匠」と称されるマックス・ビルの生涯に迫る『マックス・ビル―絶対的な視点』を上映。

アプリで読む