Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

9PROJECT vol.10「異ノ邦ノ人へ」メインビジュアル

カミュに着想を得た9PROJECT「異ノ邦ノ人へ」、拒絶された男の人生描く

ナタリー

19/9/2(月) 19:00

9PROJECT「異ノ邦ノ人へ」が、9月12日から16日まで東京のキーノート・シアターで上演される。

9PROJECTは、つかこうへいに師事したメンバーで結成された団体。アルベール・カミュの「異邦人」に着想を得た今作では、世間に拒絶された男の歩む人生が描かれる。ある浜辺で外国人の男を殺した犯人は、その理由を「太陽が眩しかったから」と供述。彼は死刑を宣告され……。

作・演出を手がける渡辺和徳は「“今”という世界を生き抜くために、歩むべき道は何か……。この作品を通じて考えてみたいと思っています」とコメント。キャストには高野愛、★☆北区AKT STAGEの相良長仁、劇想からまわりえっちゃんの中村猿人、白神さき、農坂夢香が名を連ねた。

渡辺和徳コメント

「熱海殺人事件」の“初演版”をやった時、アルベール・カミュの「異邦人」との類似性に気がついた。そして、自分が「異邦人」をベースに舞台を作るなら、どんな作品になるだろうかと考えた。

世間に認められなければ、犯人は犯人になれない。これは「熱海殺人事件」で繰り返し提示されるテーマです。現代社会においても“世間の望む姿”から外れた者たちが、激しく糾弾され、排除されるのはありふれた光景ではないでしょうか。

自ら選んだ人生を生きる。これは言うほど容易いことではなく、自由とは常に排除と隣り合わせにあります。“今”という世界を生き抜くために、歩むべき道は何か……。この作品を通じて考えてみたいと思っています。

9PROJECT vol.10「異ノ邦ノ人へ」

2019年9月12日(木)~16日(月・祝)
東京都 キーノート・シアター

作・演出:渡辺和徳
出演:高野愛、相良長仁、中村猿人、白神さき、農坂夢香

アプリで読む