Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

カミナリ

「べしゃり暮らし」第3話、カミナリ「デビュー当時の僕たちのよう」

ナタリー

19/8/9(金) 17:30

劇団ひとりが演出を務める連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系)の第3話が明日8月10日(土)に放送される。

ドラマの中で上妻圭右(間宮祥太朗)は辻本潤(渡辺大知)との漫才が楽しいと実感し、本気で芸人を目指すことを決意した。そんな彼らは第3話でコンビ・きそばATとして、漫才の日本一を決めるコンテスト「NMC(ニッポン漫才クラシック)」にエントリーする。しかし2人を待ち受けていたのは極めて厳しい現実だった。緊張感に満ちた本番で客はクスリとも笑わず、さすがの圭右も焦りを感じる。そればかりか、とんでもない行動に出てしまい……。

お笑いナタリーでは「べしゃり暮らし」各話について「M-1グランプリ」ファイナリスト経験者たちのコメントを紹介中。今回はカミナリのコメントを届ける。

カミナリ コメント

──「べしゃり暮らし」第3話をご覧になった感想は?

たくみ:マンガを読んでない方ももちろん楽しめますが、自分はマンガも読んでいたのでより楽しく拝見できました。特に第3話は、圭右が学校と現場のお笑いの違いに葛藤するシーンやデジタルきんぎょの知られざる過去など、原作の名シーンが多い回なのでとても見応えがありました。

まなぶ:共感の連続でした。芸人として経験したことがある描写がすごく多くて、「主人公のモチーフ、カミナリまなぶじゃね?」と思いました。違います。

──森田まさのりさんのマンガ原作をお読みになっていれば、ドラマとの共通点や違いで気づいた部分を教えてください。

たくみ:マンガで、るのあーるの「あるあるあーるのるのあーる」というリズムを勝手にこういうものだろうと決めつけて読んでいましたが、ドラマを観たら自分がイメージしていたリズムとまったく一緒だったので、感動しました。答え合わせができた感じがしてスッキリしました。

──劇団ひとりさんが演出されていますが、どのように感じられましたか?

たくみ:俳優さんのしゃべり方がセリフ口調ではなく、アドリブ感で演技されているのが印象的でした。ドラマというより、ドキュメンタリーに近い感覚がありました。また、NMC予選の審査員の見た目や服装が本当にM-1予選の審査員っぽかったので、芸人しかわからないあるあるが細かい部分にあり、とても楽しいです。

まなぶ:「賞レース初挑戦だったら、ネタのレベル、セリフの言い回しはこれくらいだろう」みたいな演技の調整は、実際に経験したことがある人でないと難しいと思います。それと同時に、ひとりさんにもそんな時期があったのかなと思うと勇気づけられました。

──この「べしゃり暮らし」にお2人の芸人人生を重ね合わせる部分はありますか?

たくみ:自分も主人公の圭右と同じで、デビュー当初はスベったらお客さんのせいにしていたところがあり、とても感情移入できました。学生時代に周りに面白いと言われ続け、デビューして知らないお客さんの前でネタをやってスベる。隣で観てたまなぶに「これたくみと一緒じゃん!」と笑いながら言われました。おめーもだよ!

まなぶ:自らを客観視できていない、デビュー当時の僕たちを見ているようでした。舞台に出てすぐネタを飛ばして、持ち時間の5分ライブ告知をしたことを思い出しました。第3話にそんな描写はありません。

──第4話以降への期待は?

たくみ:マンガも読んでいるので、あのシーンをどう見せるのか、またマンガとは違った見せ方があるのか、とても楽しみです!

まなぶ:芸人としてぶつかる壁がたくさん出てくると思うので、自分たちの経験を思い出しながら楽しんでいきたいです。

土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」第3話

テレビ朝日系 2019年8月10(土)23:45~24:35
演出:劇団ひとり
<出演者>
間宮祥太朗 / 渡辺大知 / 矢本悠馬 / 小芝風花 / 堀田真由 / 中川知香 / 駿河太郎 / 尾上寛之 / 浅香航大 / 徳永えり / 寺島進 ほか

アプリで読む