Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ダンスウィズミー」公開直前イベントの様子。左から矢口史靖、りんごちゃん、十文字幻斎。

「ダンスウィズミー」矢口史靖、りんごちゃんの出演交渉に「熟考させて」

ナタリー

19/8/13(火) 12:15

「ダンスウィズミー」の公開直前イベントが8月12日に東京都内で行われ、監督を務めた矢口史靖、ゲストのりんごちゃんが登壇した。

矢口史靖が監督を務める本作は、“音楽を聴くと歌って踊らずにいられない体”になってしまったOL・鈴木静香を主人公とするミュージカルコメディ。ひと足早く本作を鑑賞したりんごちゃんは「ミュージカル映画なのにミュージカルすればするほどハチャメチャになっていくところが楽しいですよね。(自分は)いつも頭の中がミュージカルなので、普段は踊りたい気持ちを我慢しているんです」と感想を述べた。

ミュージカル作品に憧れがあるというりんごちゃんは矢口に対し「私生活がミュージカルなので出たいです」と次回作への出演を直談判する。そこで、本作の催眠術監修を行った十文字幻斎に催眠術をかけられた状態での“オーディション”を実施することに。十文字に「『ダンスウィズミー』と言うとどんどんテンションが上がる」という催眠をかけられたりんごちゃんは「狙いうち」のダンスを披露。静香と同様に、音楽が流れている最中は踊りを止められないため、踊り続けたりんごちゃんは「今日は催眠術にかけられて、いつもよりすごく楽しくてびっくりしました」と息を切らしながらコメント。しかし、話の途中で吉幾三の「ドリーム」が流れてくると全力のものまねを披露していた。

十文字は「今日はテンションの上がる催眠をかけただけなのに、踊り出してしまって、すごく楽しそうでしたね」とりんごちゃんの催眠体質を称賛。矢口は「目の前で起こったことが信じられない」と驚いた様子を見せるも、彼女の次回作への起用は「熟考させてください」と保留にした。

三吉彩花、やしろ優、chayが出演する「ダンスウィズミー」は8月16日に全国で公開。

アプリで読む