Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

思い思いに忍者をイメージしたポーズを取るTravis Japan。

Travis Japan主演作に向け出航!松倉海斗が発見「虎の中に“七”が入ってる」

ナタリー

19/8/7(水) 4:00

Travis Japanにとって初の単独主演全国公演「虎者(トラジャ) ーNINJAPANー」の製作発表記者会見が、昨日8月6日に東京都内で行われた。

企画・構成をジャニー喜多川、構成・演出を滝沢秀明が手がける「虎者 ーNINJAPANー」は、忍者をモチーフにしたエンタテインメントショー。本日の会見には、Travis Japanのメンバー7人と、本作の製作元である松竹より安孫子正代表取締役副社長 / 演劇本部長、同じく製作元のKADOKAWAより井上伸一郎代表取締役副社長が登壇した。

まず安孫子氏が「国内だけでなく、海外の観客も視野に入れた公演にしたい」と構想を明かし、井上氏からは「出版・アニメ・映画のみならず、今後KADOKAWAはステージイベントにも力入れていきたい」という展望が語られる。続いてTravis Japanのメンバーが順に挨拶したのち、滝沢プロデュースによる本公演のテーマソング「Namidaの結晶」のミュージックビデオが先行上映された。

宮近海斗は「目標でもあり、夢でもあった舞台単独主演が叶ってうれしいです」と喜びをあらわにしつつ、「『虎者』は“未来の忍者”をテーマにしていて、『Namidaの結晶』のMVも神々しいイメージに仕上がったと思います」と手応えを述べる。中村海人も「このTravis Japanというグループで、ジャニーズの歴史に残る作品を作れることが本当にうれしいです」と瞳を輝かせた。

七五三掛龍也は「ファンの方々が呼んでくださる“トラジャ”という愛称を大切にしたい」という滝沢の意向から、公演名が「虎者」に決定したことを明かすと共に、「この舞台を通して、メンバー7人の絆をさらに強くしていけたら」と決意を語る。メンバーたちが緊張していることを察した川島如恵留は「ここで、バック転の1つや2つ披露したいところですけれども(笑)」と会場の雰囲気を和ませ、「Travis Japanという大きな船をみんなで作り上げてきて、いろいろなものを詰め込んで……ようやく出航できるんだなという気持ちです」と感慨深げに述べる。

吉澤閑也は、Travis Japanがシンクロダンスを得意とすることに触れ、「ダンスで感情を表現できるのが僕らの強みだと思っているので、そこは誰にも負けたくないですね」「皆さんに『Travis Japanの時代が来たぞ!』というところをお見せしたいです」とコメント。メンバー最年少の松田元太は「この作品が決まったとき、うれしすぎて、お母さんに『イエーイ!』って電話しました!」と元気いっぱいに話し、「皆さんに元気をプレゼントできるように、そしてジャニーさんに恩返しができるようにがんばります」と意気込みを語った。

おもむろに立ち上がった松倉海斗が、背景に描かれた「虎者」の題字を指差し、「僕、気付いたことがあって。“虎”という字の中に“七”と“人”が入ってるんです」とコメントすると、報道陣から「おお」と声が上がる。松倉は「漢字ってすごいなー! 深いなー!」と感心しながら、「この7人で『虎者』を成功させたいと思います!」と笑顔を見せた。

「虎者 ーNINJAPANー」は11月2日から10日まで東京・サンシャイン劇場で上演されたのち、京都、愛知、広島を巡演。チケットの一般販売は10月14日10:00に開始される。

「虎者 ーNINJAPANー」

2019年11月2日(土)~10日(日)
東京都 サンシャイン劇場

2019年11月15日(金)~24日(日)
京都府 南座

2019年11月26日(火)・27日(水)
愛知県 御園座

2019年11月30日(土)
広島県 上野学園ホール

企画・構成:ジャニー喜多川
構成・演出:滝沢秀明
出演:Travis Japan(宮近海斗、中村海人、七五三掛龍也、川島如恵留、吉澤閑也、松田元太、松倉海斗)/ 影山拓也、佐藤新 / 松田リマ / 長谷川純

アプリで読む