Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

『エール』でも活躍! 徳永えり、光石研、相島一之、松尾諭ら、朝ドラ常連俳優に注目

リアルサウンド

20/10/16(金) 6:00

 現在放送中の朝の連続テレビ小説『エール』(NHK総合)。9月21日から放送された第15週「先生のうた」に、音(二階堂ふみ)が開いた音楽教室の生徒・弘哉(外川燎/山時聡真)の母トキコ・として徳永えりが出演すると、SNS上では「朝ドラ常連俳優だ」「安心感がある!」と話題になった。『エール』に出演する朝ドラ常連の顔に着目していきたい。

女手一つで子供を育てる母親を演じる徳永えり

 朝の連続テレビ小説の出演は、今作で4作品目となる。2012年度放送の『梅ちゃん先生』(NHK総合)、2013年度放送の『あまちゃん』(NHK総合)に出演し、2017年度放送の『わろてんか』(NHK総合)では、葵わかな演じる主人公・てんの身の回りを世話する女中トキを演じていたのが記憶に新しい。徳永は、てんにとって姉のような存在で、親友となるトキを快活に演じていた。当時話題となったのは、濱田岳演じる風太との掛け合い。「濱田岳との掛け合いが毎週たのしみだった」という声もあがっていた。

 徳永演じるトキコは、慎み深い女性だ。情熱的で行動力溢れる音とは対照的に、物静かな女性だが、息子を想う愛情深さには筋が通っており、その姿はとても魅力的に映る。徳永が見せる弘哉への優しい眼差しや古山家とのあたたかな交流は、戦時下の不穏な空気の中で、やわらかな光をもたらしてくれる。

 またネット上では、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)で見せた徳永の演技とのギャップに驚く声も。徳永はトキともトキコとも違う鬼気迫る表情で処方薬に依存する母親役を好演。顔つきが全く異なることから、徳永が演じていることに気づかず「似ている俳優だと思った」というコメントもあった。

 日常で見かけるような普通の人物像からクセのある役柄まで演じ分ける徳永の今後の出演作にも期待が高まる。

まさに朝ドラ常連俳優。音の父を演じ、視聴者に深い印象を残した光石研

 音の人生に多大な影響を与えながらも、物語序盤でこの世を去ってしまう音の父・安隆を演じた光石。彼の朝ドラ出演は、なんと今作で7作目。1983年度放送の『おしん』(NHK総合)に始まり、2017年度に放送された『ひよっこ』(NHK総合)では、主人公・みね子(有村架純)が働く赤坂の洋食屋「すずふり亭」のすぐ隣に店を構える中国料理屋「福翠楼(ふくすいろう)の店主・福田五郎を演じていた。すずふり亭のバックヤードで、コックの元治(やついいちろう)らと油を売る姿は気さくなオヤジであり、妻・安江(生田智子)とのやりとりは「2人の演技が自然で、本当に居そうな夫婦」だと視聴者に評判だった。

 今作での光石の登場シーンは第4回と第7、8回、そして裕一(窪田正孝)をとりまく登場人物たちにスポットを当てたオムニバス形式の物語が描かれた第12週「アナザーストーリー」の第55回、56回のみである。光石は登場が少ないながらも、安隆が音の情熱や行動力を育んだ重要な人物であることを示した。登場しなくなってからも、音の口から「お父さん」と出るたび、光石演じる安隆の穏やかな笑顔が浮かぶ。第12週、妻・光子(薬師丸ひろ子)とのシーンでは、その深い夫婦の絆に涙した視聴者も少なくない。

裕一の音楽への思いを支える銀行支店長を演じた相島一之

 裕一が川俣銀行に勤めることになったとき、底抜けに明るい銀行員たちが彼を出迎えた。支店長・落合吾郎を演じていた相島は、朝ドラ常連俳優だ。相島の朝ドラ出演は今作で4作品目。2014年度放送の『花子とアン』(NHK総合)では、主人公・はな(吉高由里子)が教師として就任する阿母尋常小学校の同僚・緑川幾三を演じていた。緑川は男尊女卑の考えを持ち、英語が堪能なはなを気に入らず、はなに嫌味を口にするキャラクターだった。

 一方、今作の吾郎は、大らかな性格で面倒見がよく、音楽の道を諦めきれない裕一を陰ながら応援する。裕一が失意の中にいるときには、まず吾郎が行員たちをまとめ、彼を励ますための行動を起こすのだ。相島演じる吾郎の朗らかな笑顔を見ていると、思わずこちらも励まされてしまう。

 なおSNS上では、『エール』再放送中の副音声で、再放送最後の週を担当することになった相島の語りが「相島一之さんの音声解説、ことばが明瞭に聞こえる」「安心して聞ける」「作品のおかしみが増して好き」と評判に。

裕一が銀行に勤めていたときの同僚を演じていた松尾諭

 川俣銀行の先輩社員・鈴木廉平を演じていた松尾。松尾の朝ドラ出演は今作で4作品目。2010年度放送の『てっぱん』(NHK総合)に出演し、『ひよっこ』では、みね子たちが通学に使う北茨城交通のバスの車掌を演じていた。『わろてんか』では、広瀬アリス演じる秦野リリコとコンビを組む、アコーディオンを奏でる漫才師を演じている。

 朝ドラでひょうきんな役どころを演じてきた松尾の存在感は視聴者の目を引くらしく、今作での出演が決まった際には「また朝ドラ出るのか!」「NHKの常連」との声があがっていた。各作品で茨城弁、大阪弁、福島弁とさまざまな方言を巧みに使い分けながら演じる姿には脱帽する。

 主演の窪田も朝ドラ常連俳優といえるかもしれない。2010年度放送の『ゲゲゲの女房』(NHK総合)ではもう一人の主人公である茂(向井理)のアシスタントとなる倉田圭一を演じ、『花子とアン』では主人公の幼なじみ・木場朝市を演じてきた。また、今後朝ドラの世界観にハマり、朝ドラ常連の顔となることが期待される俳優もいるだろう。裕一の初恋相手を演じた堀田真由は『わろてんか』に出演し、今作が朝ドラ2作目である。2019年に話題を呼んだドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に出演した若手俳優陣が今作に多数出演していることもあり、次の朝ドラで彼らの顔を再び見る機会があるかもしれない。

■片山香帆
1991年生まれ。東京都在住のライター兼絵描き。映画含む芸術が死ぬほど好き。大学時代は演劇に明け暮れていた。

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)~11月28日(土)予定(全120回)
※9月14日(月)より放送再開
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、中村蒼、山崎育三郎、森七菜、岡部大、薬師丸ひろ子ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む