Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

菅田将暉、フジロックでRADWIMPSと「キネマの神様」主題歌披露

ナタリー

「FUJI ROCK FESTIVAL '21」RADWIMPSによるステージの様子。左から菅田将暉、野田洋次郎。

菅田将暉が8月20日に新潟・苗場スキー場で行われたロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL '21」のRADWIMPSのステージにゲスト出演。RADWIMPS feat.菅田将暉として「キネマの神様」の主題歌「うたかた歌」を歌唱した。

山田洋次の監督作「キネマの神様」にて、1960年代の映画撮影所で働く盟友を演じた菅田と野田洋次郎。野田は撮影での経験やコロナ禍での製作中断、当初出演する予定だった志村けんの死去に影響を受けながら「僕たちが通ってきた感情みたいなものを歌詞で残しておきたい、僕らが生きたあの撮影所の雰囲気を音にできないかと思ってました。あの世界が音としてもこの世にずっと残っていってほしいという願いがずっとあった」という思いで「うたかた歌」を作詞・作曲した。

フェスの中でもっとも大きなGREEN STAGEで初日のトリを飾ったRADWIMPS。広大な夜空が広がる苗場で、「夏のせい」に始まり「TWILIGHT」「前前前世」などを次々に披露した。野田が「ここで1曲、スペシャルゲストをお招きして『うたかた歌』という歌を一緒に歌ってもよろしいでしょうか」と切り出すと、菅田が登場。大きな拍手で迎えられながら野田と軽く抱擁を交わすと、ステージの光は2人を温かく照らす。映画の内容や菅田と野田が演じたゴウとテラシンの関係性と離れがたく寄り添う同曲。2人はミュージックビデオさながら、互いに向き合い、時折目を見ながら語りかけ合うように歌い上げた。なお「うたかた歌」がライブで披露されたのは今回が初めて。

パフォーマンスの終了後、菅田は「初野外フェスなんです」と高揚した面持ち。今回のフェスでは歓声がNGとされていたため、野田も「みんなもね、思いっきり今(声が出せたら)菅田ー!って言いたいよね」と場内へ呼びかける。最後は菅田が「RAD最高!」とガッツポーズで締め、ステージをあとにした。なおパフォーマンスの模様はテレビ朝日系の番組「ミュージックステーション SUMMER FES」で生中継された。

「キネマの神様」は全国で公開中。

アプリで読む