Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

顔を見るとほっとする、「みをつくし料理帖」反町隆史が角川春樹を語る

ナタリー

20/6/1(月) 12:00

「みをつくし料理帖」より、反町隆史演じる水原東西。

角川春樹監督作「みをつくし料理帖」のキャストインタビューリレー第6弾がYouTubeで公開された。

高田郁の時代小説シリーズを原作とした本作の主人公は、大洪水によって両親を亡くした澪。彼女が料理人として成長していく姿や、幼なじみ・野江との友情が描かれる。松本穂香が澪、奈緒が野江を演じた。

インタビューリレー第6弾には、澪と野江の運命を言い当てる易者・水原東西に扮する反町隆史が登場。角川が製作を担当した「男たちの大和/YAMATO」「蒼き狼 地果て海尽きるまで」に出演してきた反町だが、角川がメガホンを取った作品への参加は本作が初となる。映像の中で反町は監督としての角川について「モニタ前にドンと構えている印象があって、ただただ僕はそれに向かって、何が欲しいのかなっていうところを自分の中で追及しながら芝居を組み立ててました」と語る。また反町が「(角川の)顔を見ると本当にほっとするんですよ」と笑顔を見せる場面も。

「みをつくし料理帖」は10月16日に全国公開。

(c)2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む