Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

全てスタント無し! 映画『太陽は動かない』より竹内涼真の手に汗握るアクションシーン公開

ぴあ

21/1/28(木) 8:00

『太陽は動かない』 (c)吉田修一/幻冬舎 (c)2020「太陽は動かない」製作委員会

3月5日(金)より全国ロードショーとなる映画『太陽は動かない』から、竹内涼真演じる田岡の激しいアクションシーンが公開された。

本作は『怒り』『悪人』などのヒット作で知られる人気小説家・吉田修一の同名サスペンス小説を『海猿』『暗殺教室』シリーズを手がけた監督・羽住英一郎が壮大なスケールで映画化したもの。産業スパイ組織「AN通信」の本部へ24時間ごとに定期連絡をしなければ、心臓に埋め込まれた爆弾が爆発するという運命を背負わされた精鋭エージェント鷹野(藤原達也)と相棒の田岡(竹内涼真)が、世界中の権力者たちが求める次世代エネルギーの極秘情報を手に入れるために奮闘するノンストップサスペンスである。

公開された映像は、猛スピードで走る列車の中でスーツケースを持つ怪しげな男の後をつける竹内演じる田岡が映し出されてスタート。扉の先には男が待ち伏せており、一触即発の肉弾戦へ。攻撃をしかけてくる男に田岡は果敢に挑む。あらゆるものを駆使し、どうにか抑制しようとするが追いつめられ、猛スピードで走る列車から振り落とされそうになる田岡の運命はいかに。絶体絶命の極限状況から一瞬たりとも目が離せない。



竹内は撮影の合間に入念なリハーサルをこなし、全てスタントなしでの撮影に挑んでいる。大瀧亮プロデューサーはこのシーンの撮影について「竹内さんは見せ場となる列車内でのアクションに向けて非常に緊張もされていましたが、鍛え上げてくださった肉体のおかげもあり重戦車のようなパワーとそれでいてしなやかなアクションを体現してくださいました」とコメント。

さらに「見た目にはなかなか伝わりにくいかもしれませんが、実際に動いている列車の中でのアクションなので体が左右に振られたり、足元が覚束ないという枷を背負いながらやっていらっしゃるということを認識した上で観ると、その凄さが伝わると思います」とも振り返っている。

かつては共産党幹部専用の御用車であったブルガリア国鉄を貸し切って行われた圧倒的スケールのアクションシーン。ぜひチェックして公開に備えよう。

『太陽は動かない』
3月5日(金)全国公開

アプリで読む