Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

手塚治虫さん(写真協力・手塚プロダクション)

中川右介のきのうのエンタメ、あしたの古典

手塚治虫と美空ひばり

毎月連載

第11回

19/5/12(日)

 昨年(2018年)5月、平成が「残り一年」となってから、文化・芸術・芸能関係の訃報が相次いだ。

〈人が立て続けに死んで行くニュースに接して、改めて「あ、一つの時代が終わるんだ」と思った。〉

と、7月にエッセイに書いた橋本治まで死んでしまった(ちくま新書『思いつきで世界は進む』に収録されている)。

 最近でも、萩原健一、モンキー・パンチ、小池一夫と相次いだ。橋本治は〈意外と人は「時代の終わり」というものに敏感なのかもしれない〉と書いているが、たしかに、それは言える。

 元号が変わるのは数十年に一回だが、70年代から80年代へ、など10年ごとの「代替わり」の際も、なんとなく、「時代の空気が変わる」気がする。その最たるものは、昭和から平成へ交代したときだった。1989年である。

アプリで読む