Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「ほっと一息つけるキャラになれば」ナイナイ岡村「麒麟がくる」で光秀と古渡城へ

ナタリー

20/2/9(日) 12:00

左から長谷川博己演じる明智光秀、ナインティナイン岡村演じる菊丸。(c)NHK

大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合)にて、明智光秀が美濃で出会う三河出身の農民・菊丸を演じているナインティナイン岡村のコメントと写真が到着した。

敵か味方かわからないが、神出鬼没で常に光秀(長谷川博己)の危機を助ける菊丸。本日2月9日(日)に放送される第4回では、斎藤道三(本木雅弘)の命により光秀と尾張・古渡城に潜入する。

今作が大河ドラマ初出演の岡村は「前日にセリフを完璧に覚えて臨んだのですが、本番が始まる前に鳴るブザーの音が大きすぎて、セリフが全部飛びました。自分が考えていたキャラクター設定も間違っていて『どないしよう!』ってなりました(笑)初日は『えらいもん引き受けてしまった』と、ゾッとしました。4回くらいで死んでもいいなと(笑)。大河には魔物がいますね」と撮影初日の緊張感を回想。菊丸について「単純で明るい農民です。息を飲むような緊張感のあるシーンが多いですが、菊丸が光秀や駒(門脇麦)と一緒にいるシーンはコミカルなので、菊丸が出てくるとほっと一息つける、そんなキャラクターになれればいいなと思っています」と語り、「ただ、菊丸にはちょっと謎な部分もある気がして……スタッフさんに聞いてみたのですが、みんな目をそらして誰も教えてくれません(笑)。『歴史の勉強はしなくて大丈夫です』『そのままでいいです』と言われています」と自身もまだ知らない菊丸の一面を感じている様子だった。

麒麟がくる

NHK総合 毎週日曜20:00~

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む