Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ボイス』クライマックスへ向けて怒涛の展開! 狂気の敵・伊勢谷友介に勝つ術はあるのか?

リアルサウンド

19/9/1(日) 12:00

 クライマックスへ向けた怒涛の展開を見せる『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)。情報量の多い第7話となったが、その大筋のストーリーを構成するのは「カチカチ野郎」こと上杉渉(手塚とおる)の裏にいる真犯人・本郷雫(伊勢谷友介)への接近を目的とした樋口(唐沢寿明)たちの捜査だ。冒頭にて沖原(木村祐一)が殺されていたことがわかり、ECUと強行犯係との間に犯人確保に向けた団結が強まるなか、懸念されるのは上杉とつながる内通者の存在。迂闊に情報共有ができないこともあり、信頼し合う樋口とひかり(真木よう子)のふたりのみで犯人捜査を進める。

参考:場面写真一覧はこちらから

 「調子に乗るからだ」。それは樋口の妻・未希(菊池桃子)を殺す際に犯人が口にした言葉だった。そこから推測されるのは、無差別での殺人ではなく、犯人と未希の間にはなんらかの関係性があり、殺される理由となる出来事があったのだろうということ。

 そんな中新たに、屋上で自殺を試み、「殺される」としきりに叫ぶ男・高木からの通報が。派遣の土木作業員である彼の様子や、彼を取り囲む会社員の男たちの関係性に違和感を抱いた樋口はやがて、高木がいた自立支援センターが樋口の妻・未希(菊池桃子)の職場であることを知る。要するに、自立支援センター→人材派遣会社・クローバーフレンズ(上杉が社長を務める)→劣悪な職場環境である現在の高木が務める会社……と、高木の通報と本筋の事件との間に思わぬつながりがあることが明らかになり、同時に樋口たちは、未希と犯人をつなぐ出来事の入り口にたどり着く。

 真犯人にたどり着くための今後の手がかりになるのは、未希と、未希が一番気にかけていたという男・早川との関係性。組織の闇の部分に触れたことが死を引き寄せてしまったのか。真相はまだわからないが、なんらかの行動が、狂気にまみれた男・雫の逆鱗に触れてしまったことは確かなのだろう。

 港東署の署長(小市慢太郎)と、伊勢谷らが所属する本郷グループの会長(伊武雅刀)との間にある怪しい関係性も明らかになり、樋口が立ち向かおうとしているものの大きさにイチ視聴者として絶望してしまう第7話。なんと言っても怖いのは、雫が孕む未知なる狂気性だ。義兄に「樋口を殺すか、ここで殺されるか」という二択を提示する冷徹な姿や驚くべき数の凶器を棚に飾る様を見て、ほんとうに樋口とひかりのふたりだけで立ち向かえるのだろうかと心配になってしまう。内通者の存在に警察の上層部も絡む大きな敵の存在、本話ラストでは上杉という手がかりも失い、まさしく八方塞がりの状況になってしまった樋口たち。それでも彼らが育んできたチームワークが起動する瞬間に期待したい。 (文=原航平)

アプリで読む