Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

OiBokkeShi×三重県文化会館の老いのプレーパークが、“出張公演”

ナタリー

20/11/17(火) 10:23

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」チラシ表

OiBokkeShi×三重県文化会館による老いのプレーパークが、来年1月17日に三重・いなべ市北勢市民会館 さくらホールにて「あたらしい生活シアター」の出張公演を行う。

老いのプレーパークとは、2018年に公募で集められたメンバーにより結成された団体で、「老いと演劇」OiBokkeShi主宰で介護福祉士の菅原直樹と三重・三重県文化会館により、演劇を介した老いの明るい未来を模索している。

今回は、コロナ禍による自粛生活を“老いのリハーサル”と捉え、メンバーの日記やエピソードをもとに“生活者による生活者のためのあたらしい演劇”を生み出す。チケットは11月28日に発売。なおロビーでは当日13:00から関連企画として、老いヨガや介護保険プランを自分で作るマイケアプランコーナーなどが開催される。

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」

2021年1月17日(日)14:00~
三重県 いなべ市北勢市民会館 さくらホール

作・演出:菅原直樹

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む