Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

生田斗真を迎えた新感線『偽義経冥界歌』がいよいよ東京にお目見え

ぴあ

20/2/13(木) 0:00

『偽義経冥界歌』 (c)2019-2020『偽義経冥界歌』

昨年春、大阪、金沢、松本を大いに沸かせた劇団☆新感線の舞台『偽義経冥界歌』が、いよいよ2月15日(土)に東京・TBS赤坂ACTシアターで幕を開ける。劇団結成39周年を記念した“39(サンキュー)興行”として上演される本作は、劇団が複数展開する路線の中でも中心的な“いのうえ歌舞伎”の最新作。1986年に初めてその名を銘打ち、以降、神話や史実などをモチーフに、ケレン味を効かせた時代活劇を展開し続け、今や日本を代表する人気劇団となった新感線の真骨頂が堪能できるステージだ。

まずは、漢字が並ぶ今作のタイトルは「にせよしつねめいかいにうたう」と読み、少し歌舞伎風を意識。座付作家・中島かずきがゼロベースから立ち上げた鎌倉時代を舞台とする物語で、“奥州三代”と“義経黄金伝説”をモチーフにした世界を、いのうえひでのりが演出する。

タイトルにもなっている源義経と言えば、数多くの物語に登場し、実は偽物説、影武者説などで、ドラマチックな謎が多いとされる人物だ。本作では、その義経が実際に奥州に匿われていたという史実と、奥州三代の盛衰の行方を絡めたドラマが展開される。

主人公の偽義経を演じるのは、もはや“準劇団員”とも呼ばれる生田斗真。繊細でナイーブな演技から、振り切ったテンションでおバカな役柄までを演じ切る彼が、いのうえ歌舞伎初主演でどんな境地に達したのか注目したい。そして、2017年に初めて新感線に参加し、以降、自ら出演を希望するようになったりょうは、奥州・奥華一族の巫女長(みこおさ)役で謎めいた美しさに磨きをかける。さらに、偽義経の弟役の中山優馬は、初参加で本格的な殺陣にも初挑戦。シンガーソングライターの藤原さくらは、初舞台となる本作で大陸渡りの歌うたい役を演じる。ほか、粟根まこと、山内圭哉、早乙女友貴、三宅弘城、橋本さとしと、強力な布陣が顔を揃えた。

一足早く上演された公演地では「オープニングから引き込まれる展開で、物語、立ち回りに圧倒される」と評判を呼んだ舞台。新感線ならではの笑い、殺陣、アクションが満載で、人間ドラマも描き込まれている。いのうえが時代劇でできることの新たな可能性を探ったという『偽義経冥界歌』は、3月24日(火)までTBS赤坂ACTシアター、4月4日(土)から28日(火)まで福岡・博多座で上演される。

文:伊藤由紀子

アプリで読む