Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

坂口有望、水曜日のカンパネラ ケンモチヒデフミがプロデュース「2020」配信リリース 無観客生配信ライブも

リアルサウンド

20/7/22(水) 12:00

 坂口有望が、7月22日に自身初の試みとなるEDMナンバー「2020」(読み:ニーゼロニーゼロ)を配信リリースした。

(関連:シンガー xiangyuとは何者? 水曜日のカンパネラチームバックアップの“謎の新人”に迫る

 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミがサウンドプロデュースを手掛けた「2020」は、新型コロナウイルスによる外出自粛や自身のライブツアーの中止などを受けた、坂口有望のリアルな心情を描いたメッセージソング。ケンモチヒデフミとの初タッグによるダンサブルなトラックは坂口有望にとっての新境地であり、ラップにも挑戦している。

 また、7月27日に無観客生配信ワンマンライブ『熱唱特別オンライン夏期講習』の開催が決定した。新型コロナウィルスの影響により、全国ツアーが中止となってしまった坂口有望が、ワンマンでは初となる無観客生配信ライブのステージを披露する。『熱唱特別オンライン夏期講習』と名付けられた公演は弾き語りワンマンライブで、「2020」配信リリースとメジャーデビュー3周年を記念し開催される。ファンクラブ会員には、配信のライブ写真5枚をプレゼントする特典もあるとのこと。(リアルサウンド編集部)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む