Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

渋谷慶一郎

渋谷慶一郎、仏教音楽・声明をオーストリアで爆音ダブミックス

ナタリー

19/9/6(金) 19:39

オーストリア・リンツで現地時間の9月5日から5日間にわたり開催中のメディアアートの祭典「アルスエレクトロニカ・フェスティバル2019」のプログラムの一環として、渋谷慶一郎が高野山に伝わる南山進流声明の演奏家・藤原栄善とのコラボレーションライブ「Heavy Requiem」を行う。

この演目は7日に上演されるもので、藤原による声明に渋谷が電子音楽を組み合わせるプログラム。渋谷が2年間温めてきた“西洋式の巨大な教会で行われる仏教音楽の爆音のダブミックス”というコンセプトが、ザンクト・フローリアン修道院を舞台に実現する。なお公演時に用いられる映像は、フランス人メディアアーティストのジュスティーヌ・エマが制作を担当する。

また渋谷は現地時間6日に開催されるシンポジウムの一部で、ボーカロイドイオペラ「THE END」やアンドロイドオペラ「Scary Beauty」について触れながら、AIと音楽に関するテーマでプレゼンテーションも行う。

渋谷慶一郎×藤原栄善「"Heavy Requiem" - Buddhist Chant: Shomyo + Electronics(AI x Music Festval)」

2019年9月7日(土)オーストリア・リンツ セントフロリアン教会
<出演者>
渋谷慶一郎 / 藤原栄善

アプリで読む