Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ASP、下北沢SHELTERで迎えた熱狂の初ツアーファイナル

ナタリー

ASP「ASP's on FiRE TOUR」下北沢SHELTER公演より。(Photo by sotobayashi kenta)

ASPが本日7月4日に東京・下北沢SHELTERでグループ初のワンマンツアー「ASP's on FIRE TOUR」の最終公演を開催した。

ASPは5月に1stアルバム「ANAL SEX PENiS」でデビューした音楽事務所WACKの新グループ。ワンマンツアーの各公演は大阪・LIVE SQUARE 2nd LINE、愛知・DAYTRIVE、そして下北沢SHELTERの3会場で行われ、チケットはCD購入者を対象とした福引の当選者のみに与えられた。

開演前にはWACK代表・渡辺淳之介が挨拶。「今日を最後にしようと思ったんですが、ASPの3ヶ条を読みます」と改めてASPのルールを周知し、ファンの呼び名は“ならず者”、写真撮影OKで録画録音はNG、なんでもありにしようと思っていたがコロナ収束までルールを守るようにと来場者に伝えた。そして「初ツアーファイナルです。ASPもこの日のために準備してきました」とこのあとに控えるライブへの期待を煽った。

開演時間になり、ステージにボンテージ風の黒い衣装を着たチンコ・ナウカナ?、ナ前ナ以、ナアユ、モグ・ライアンが登場。4人はグループとして最初に公開した楽曲「拝啓 ロックスター様」で勢いよくライブをスタートさせ、爆音のロックサウンドに乗せて前のめりでパフォーマンスを繰り出し、ライブ序盤から観客の熱狂を誘う。自己紹介に続いてグループの決意が感じられるメッセージが詰まった「A Song of Punk」を全力で届けてから、パーティロックチューン「BE MY FRiEND」、シリアスでミステリアスな雰囲気の「被害者ぶるな」と次々に楽曲を披露していった。

疾走感のある激情系ロックチューン「WAiT and WASTE」で鬼気迫る表情を見せたASPは、「NOW or NEVER」「DiVE」「GO STRAiGHT」と間髪入れずにアルバムの収録曲を順番にパフォーマンス。福引を当てて下北沢SHELTERに集まったラッキーなならず者たちは大きく腕を振ってライブを楽しんだ。ここまでアグレッシブなナンバーのオンパレードだったが、9曲目にミディアムチューン「The Emperor's New Clothes」を披露したASP。両手を大きく左右に振るというシンプルな振り付けも相まって、会場の一体感を高めた。クールダウンしたあとに、ASPはキャッチーな楽曲「WARRiES」で観客に笑顔を届け、再び熱気を高めていく。さらに「TRUST MYSELF」「SAKEBE」とエモーショナルな楽曲が並び、観客は4人のすごみのあるパフォーマンスにぐいぐいと引き込まれていった。

そしてモグ・ライアンが「ならず者の皆さんに今日は新曲を届けにきました。聴いてください」と話し、ロックチューンの新曲(タイトル未定)を届けた。ASPはライブ終盤に向けてラストスパートをかけ、1曲目に披露した「拝啓 ロックスター様」を怒涛の5連続で披露。汗だくでステージをあとにした。

アンコールでは4人が1人ずつ挨拶。モグ・ライアンは「人と関わることが苦手で避けてきた私なんですけど、福引会とかライブに出るようになって初めてこんなにたくさんの人と目を合わせて、笑い合うことが楽しいって知りました。このライブで初めて感じる自分の感情がたくさんあって、大切なメンバーとならず者の皆さんと素敵な空間を作ることができて。1分1秒が楽しくて幸せだなって思いました。だから皆さんとこの先も今日みたいな楽しい時間を過ごしていたいし、メンバーもいろいろなところに行って、なんでも取り込んで、前に進んでいきたい。今のASPはなんだってできると思います。また会いに来てくれますか? ありがとうございました!」と笑顔を見せた。続けてナアユは「ASPにとって初めてのツアーは今日でついにファイナルです。ツアーを通して改めて、この空間だけが私にとって頭を空っぽにして感情のままになれるすごく特別な空間だってことに気付きました。そう思えたのは目と目を合わせて、気持ちをぶつけ合えるならず者のみんながいてくれたからです」と感謝を伝え、「みんなが昨日とか明日のこととか全部忘れて、ひたすら楽しめる空間でありたい。これからもならず者と一緒にライブを作っていきたいです。そしてAPSはならず者の期待を超えていきます! またあなたに会いたいです。今日は本当にありがとうございました!」とコメントした。

ナ前ナ以は「ツアーファイナル、すごくあっという間でした。自分を変えたい私にとって、ファイナルをならず者の皆さんとASPで迎えることができたのは、あきらめが早くて中途半端な自分にとって大きな変化になりました。だから今日のライブは一生忘れないです。私は……」と話したところで言葉に詰まる。しばらく無言だったが、「ならず者の皆さんが私を変えてくれたように、ASPが皆さんにとってもよい変化を与えるきっかけになってくれたらうれしいです。ASPを応援してよかったと思える存在になりたいです。本日は来てくださり、ありがとうございました」と思いをならず者に伝えた。最後にチンコ・ナウカナ?は「下北沢のならず者たちー! はじめまして! チンコ・ナウカナ?です! 渡辺淳之介様との白熱のじゃんけん対決に負け、見事にいただいたこの名前とも今日をもってお別れです。社是にもなっている“ちんこ”が私の名前にもなり、より強い気持ちでツアーに望むことができました」と、この日を最後にチンコ・ナウカナ?から元々の名前であるユメカ・ナウカナ?に戻ることを説明。そして、ツアータイトル「ASP's on FIRE TOUR」にちなんで「身も心も燃えて燃えていました。でも梅雨でうっかり“チンコ”してしまわないように……あ! “鎮火”してしまわないように、燃えて燃えて燃え続けていきたいと思います!」と得意のダジャレも披露。続けて「 今日はこうやって下北沢のならず者の幸せそうな顔を見ていて、改めてライブって最高!って思いました! ASP初めてのツアーのファイナルという記念すべき日に出会えた皆さんとはASPと手を取り合ってこれからも歩いていきたいです。そしていつか自慢できるくらいの人になれるように」と今後に向けて熱い思いを語った。

4人の挨拶のあとには9月22日にASP初のシングルが発売されること、そして8月に7都市ツアー「TOUR STARFUCKERS」が行われることが告知された。「何があってもまた笑顔で会えますように!」とチンコ・ナウカナ?が呼びかけ、ASPはラストに「レリゴ」を披露。ツアーファイナルを締めくくった。

「ASP's on FIRE TOUR」2021年 下北沢SHELTER セットリスト

01. 拝啓 ロックスター様
02. A Song of Punk
03. BE MY FRiEND
04. 被害者ぶるな
05. WAiT and WASTE
06. NOW or NEVER
07. DiVE
08. GO STRAiGHT
09. The Emperor's New Clothes
10. WARRiES
11. TRUST MYSELF
12. SAKEBE
13. 新曲
14. 拝啓 ロックスター様
15. 拝啓 ロックスター様
16. 拝啓 ロックスター様
17. 拝啓 ロックスター様
18. 拝啓 ロックスター様
<アンコール>
19. レリゴ

ASP「TOUR STARFUCKERS」

2021年8月6日(金)大阪府 ROCKTOWN
OPEN 17:30 / START 18:00

2021年8月9日(月・祝)宮城県 enn 2nd
OPEN 15:30 / START 16:00

2021年8月14日(土)福岡県 DRUM SON
OPEN 15:30 / START 16:00

2021年8月15日(日)広島県 広島セカンド・クラッチ
OPEN 15:30 / START 16:00

2021年8月20日(金)愛知県 CLUB UPSET
OPEN 17:30 / START 18:00

2021年8月22日(日)北海道 BESSIE HALL
OPEN 15:30 / START 16:00

2021年8月24日(火)東京都 WWW
OPEN 17:30 / START 18:00

アプリで読む