Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

遠山正道×鈴木芳雄「今日もアートの話をしよう」

石川直樹が見た世界

月2回連載

第11回

19/2/1(金)

鈴木 東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の「石川直樹 この星の光の地図を写す」(〜3月24日まで)。すごく良い展覧会だったよね。文化人類学や民俗学の視点を取り入れて、一種フィールドワークのように展開される石川さん独自の写真世界を存分に楽しめる。あれだけの石川作品を、東京でまとめて観る機会は最近なかったから。2016年から茨城、新潟、千葉、高知、福岡を巡回して、満を持しての東京展。

遠山 もう入ってすぐから心奪われたね。1枚目のフードのような赤いものが写り込んでる写真がまたよかった。なんと石川直樹20歳の頃の作品。これ欲しいなあって思った(笑)。

石川直樹《Denali,ALASKA》1998年 撮影:遠山正道

鈴木 次はこれ買いますか?(笑)

遠山 次買うならこれほしいですね(笑)。なにせ石川直樹が生まれた瞬間のような記念碑的一枚だと思う。だから本人も1枚目に持ってきたんだろうね。

鈴木 凝った展覧会だったよね。会場内には「石川直樹の部屋」っていう、石川さんが遠征の際に携行し使用した装備や道具、旅先で手に入れたさまざまなモノも展示されてて興味深かったな。過酷すぎて持っていったカメラが全部壊れて、最後に頼れるのは「写ルンです」だとか、極寒のテントの中で寝袋に入ったまま用をたすときのピーボトルの実物とかあった。そんな個展を開催中の石川さんの作品が、遠山さんの2つのお店で直に見ることができるという。

遠山 うん、新宿の「ワールドミートボールクラシック」(以下WMC)と、品川駅の「おだし東京」。そういえば石川さん本人が1月の頭にフラッとWMCに来たらしくて、スタッフが驚いてた(笑)。

鈴木 WMCのインスタグラムでも石川さんが来られたことがアップされてたね(笑)。

遠山 WMCの写真は、ヒラリーステップっていう難しい場所をいままさに越えようとしているところなんだけど、そのリアリティに惹かれて買ったんだよね。

鈴木 じゃあ「おだし東京」はどういう基準で選んだの?

遠山 「おだし東京」に展示しているのは、エベレストの写真。「おだし東京」は「スープストックトーキョー」を日本語に訳したものなんだけど、普通「和」だと、富士山とか想像しがちじゃない? あえてそうではなくて、石川直樹のエベレストを掛けているところがミソ(笑)。

鈴木 なるほど(笑)。「おだしお江戸」でもいいね。そもそも石川さんとの出会いは?

石川直樹『最後の冒険家』集英社文庫

遠山 作品を買ったのはいまから6年ぐらい前のことなんだけど、本人に会う前に、『最後の冒険家』を読んでた。

鈴木 第6回(2008年)開高健ノンフィクション賞受賞作だ。

遠山 これがめちゃくちゃ面白くて、最初から最後までドキドキしっぱなし。それで石川さんの個展で会う機会があって。

鈴木 熱気球の話ね。あれはハラハラドキドキ。そういえば「石川直樹の部屋」に、その2004年に熱気球による太平洋横断に挑戦して海上に着水して、波にのまれたゴンドラとともに漂着した品々も展示されてる。それを見てあの本を読むと、さらに臨場感増すかも。

遠山 本当に彼の人生の歴史も面白いけど、写真も文章も素晴らしいんだよね。

鈴木 展覧会は写真だけでなく、文章、そしてモノまで楽しめる仕様になってる。じゃあ6年ぐらい前っていうと、原宿のGYREでやった個展かな?

遠山 そうそう!「Halluci Mountain -幻の山-」っていう個展だったと思う。その時に初めて会って、写真の説明をしてもらった。「おだし東京」の作品が会場の一番正面に展示されてたんだけど、ものすごくインパクトがあって。これはネパールヒマラヤ山脈8,000メートルから写したエベレスト。

「おだし東京」店内 画像提供:株式会社スープストックトーキョー

鈴木 すごく空の色が印象的なんだけど。これ普通の空?

遠山 石川さんもこの空についてしゃべってくれた。エベレストって、地球上で一番高い場所でしょ? 空が濃い群青なのは、成層圏の色なんだって。

鈴木 しかも空気は薄いし、空気中の塵とか反射もないからここまでクリアなのか。

遠山 要するに宇宙なんだよね。そして石川さんがこれがマスターピースだって言ったのもあって、買った。で、同じ時かなあ……に、WMCの作品も見逃せなくて悩んでたんだけど、「ヒラリーステップ」に心動かされてね、それで最終的に買わせてもらった。でも実はこれが「ヒラリーステップ」かどうか、ちょっと私の記憶が曖昧なんだけど(笑)。

鈴木 遠山さんが石川さんの作品を選んだ基準って何?

遠山 アートがドキュメンタリーになってるってところかな。WMCの作品について言えば、ヒラリーステップってエベレスト登山の難所と言われていて、最難関なんだよね。そこを実際に自分の足で登っている人の見た世界がここにはある。そのリアリティに惹かれた。

アートと会社の関係性

遠山 この2点とも、会社のコレクションなのね。

鈴木 遠山さんは個人でも会社でもコレクションしてるけど、会社で買う時の基準っていままでそういや聞いたことなかったな。

アプリで読む