Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

EMPiRE、39曲披露で限界突破!3時間におよぶノンストップライブで2021年幕開け

ナタリー

21/1/4(月) 23:56

EMPiRE(Photo by sotobayashi kenta)

EMPiREが本日1月4日に東京・東京国際フォーラム ホールAでワンマンライブ「EMPiRE BREAKS THROUGH the LiMiT LiVE」を開催した。

EMPiREが東京で有観客ワンマンライブを行うのは、昨年1月5日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで実施した「EMPiRE'S GREAT REVENGE LiVE」以来1年ぶりのこと。ライブの模様はPIA LIVE STREAMで生配信され、全国のエージェント(EMPiREファンの呼称)が“限界突破”をタイトルに冠したワンマンライブを見届けた。

開演と同時に「S.O.S」のイントロが流れ、幕が上がるとステージには純白のローブをまとった6人の姿が。NOW EMPiREはワイヤーで吊るされており、いきなりステージ上部6メートルの高さまでフライングするという演出でエージェントの度肝を抜いた。MAYU EMPiREは「今日は来てくれて本当にありがとう! みんないっしょに楽しもう!」と呼びかけた。

白いローブを脱いでダンスモードに入ったEMPiREは、「SUCCESS STORY」「SELFiSH PEOPLE」「コノ世界ノ片隅デ」とアッパーチューンを畳みかけて国際フォーラムのフロアを大きく揺らす。また無数のレーザーや照明がEMPiREのパフォーマンスに華を添えたほか、ステージ後方の一面には巨大なスクリーンが置かれ、CGやメンバーの姿が映し出された。アグレッシブな楽曲群に続き、バラード「I don't cry anymore」ではEDMサウンドの楽曲を多く持つEMPiREの新たな一面が示され、メンバーの切ない表情や繊細なダンスが注目を浴びた。

キラーチューン「Buttocks beat! beat!」のイントロが流れると同時にエージェントが沸き立ち、MiDORiKO EMPiREが「暴れますか!」、YU-Ki EMPiREが「新年一発目! バカになろうぜ!」と煽った。興奮の余韻冷めやらぬ中、「WE ARE THE WORLD」ではEMPiREとエージェントが一斉にジャンプ。また「LiTTLE BOY」「Black to the dreamlight」ではスクリーンがステージ上部にまで拡張され、メンバーが異空間にいるような視覚的な演出でステージが彩られた。

開演から1時間が過ぎ、立て続けに17曲を披露したEMPiREは、「かかってこいや!」の掛け声をメンバーで唱和する「SO i YA」でさらなる盛り上がりを生み出した。熱狂のあと、和テイストのメロディが印象的なバラード「きっと君と」を熱唱したあと、EMPiREは「Have it my way」「RiGHT NOW」とアグレッシブなダンスチューンを連投。「SUPER FEELiNG GOOD」では四つ打ちのビートによって心地よい雰囲気がライブ会場に広がり「A journey」ではメンバーの力強い歌声が響き渡った。「ORDiNARY」「This is EMPiRE SOUNDS」ではステージと客席の間に紗幕が張られ、「ORDiNARY」では雪の舞う美しい映像、「This is EMPiRE SOUNDS」ではカラフルなデジタルノイズやタイポグラフィなどで構成されたサイケデリックな映像が投影された。

開演から2時間が経過し、EMPiREはノンストップで「Can you hear me?」まで29曲を届け、30曲目に「曲がりくねった道の」を披露。この曲で彼女たちは「巡り会えたね 今日は記念日」と歌いながら、ファンとの再会を喜ぶように優しい笑顔を浮かべていた。ライブ後半には「Don't tell me why」でYU-Ki EMPiREが艶かしく「お年玉ぁーん」とセクシーボイスを放ち、ファンを悩殺。その後、「EMPiRE originals」「ピアス」「アカルイミライ」など人気曲を惜しみなくパフォーマンスしたEMPiREは、37曲目の「MAD LOVE」でライブを締めくくった。

アンコールではメンバー1人ひとりが挨拶。NOW EMPiREは「今日は(コロナ禍の)こういう状況の中、私たちに会いに来てくれてありがとうございました。エージェントはいつも、ここから見ていて、汗か涙かはわからないんだけど、すごくキラキラしていて。そのキラキラさを2021年も見ることができて本当にうれしいです。これから思い出せないくらいたくさんの楽しい思い出を作っていくつもりでいきますので、これからもどうぞよろしくお願いします」、MiKiNA EMPiREは息を切らしながら「正直かなり限界がきていますが、みんなと新しいこういう時間を共有できることがとても大切で、私を動かすものになっています。この景色が誇らしいです。だから私はこの場所をこれからもずっと守っていきたいと思っています。この先、何があっても守ります。また必ず会いに行きます。今日はありがとうございました」、MAHO EMPiREは「今日は来てくれて本当に本当にありがとうございます。今の私たちの全部を見てほしくて全曲やりました。最初の頃は『Buttocks beat! beat!』を5連続でやってたこともあったなあなんて思い出しながら。その頃からエージェントが私たちの曲を好きでいくれたからできました。誇らしいです。この曲をもっとたくさんの人に届けなきゃいけないし、歌っていかなくちゃって思いました」とそれぞれ述べた。

MiDORiKO EMPiREは「今日エージェントのTwitter見てたら『会えなくてごめんね。でも会いたくないエージェントなんていないから』って言ってるのを見て安心しました。またEMPiREは会いに行きます。だからお互いに健康に気を付けてがんばりましょう」、MAYU EMPiREは「全曲、披露させていただいたんですけど、疲れましたよね? 大丈夫ですか? この状況の中で次にいつこの曲を歌えるのかなって思ったりしながら、思い残すことがないように1曲1曲を大切に歌いました。ここに今日来れなかったエージェントもたくさんいると思うんですけど、まだまだ私はEMPiREとして歌いたいし、歌い続けるし、だからここに来れなかったみんなも健康で生きていたらまた会えるから。それを信じて、一緒に楽しい時間を作れるように。そして全曲やってみて思ったのは、エージェントがいるEMPiREは強いなってこと。エージェントとなら、何回でも限界突破できる。今日は本当にありがとう」、YU-Ki EMPiREは「限界突破ってことで、私たちEMPiREは今まで120点のライブだねってあまり言われたことなくて。それって心の中で『失敗しないようにしなきゃ』っていう気持ちがあった気がしていたんですね。でも今日は全部出し切れた気がします。それはエージェントがありのままの私たちを受け入れてくれているからだなって。無限に続く限界を、1つずつみんなと一緒にぶち壊していきたいです。これからも一緒によろしくお願いします」と思い思いに語った。

挨拶に続いて、EMPiREは新曲「ERROR」をサプライズ披露。「行かなくちゃ」というメッセージが込められたシリアスな雰囲気の楽曲に、フロアからは大きな拍手が沸き起こった。さらに「これからどんなことがあっても、EMPiREとみんなとの未来を信じて生きていきます。今日は本当にありがとうございました」というYU-Ki EMPiREの言葉に続き、EMPiREはグループの始まりの曲である「アカルイミライ」をラストナンバーとしてパフォーマンスし、3時間におよぶ「EMPiRE BREAKS THROUGH the LiMiT LiVE」の幕を下ろした。メンバーは深く長いお辞儀をし、MAYU EMPiREが「また春に、みんなのもとに会いに行きます」とだけ述べ、ステージをあとにした。

なお新曲「ERROR」は明日1月5日0:00に配信リリースされる。EMPiREのTwitterアカウントではティザー映像が公開されている。さらにMAYU EMPiREが最後にファンに伝えた言葉の通り、EMPiREは4月から全国7カ所を回るワンマンツアー「EMPiRE ULTRA ViBES TOUR」を開催する。

「EMPiRE BREAKS THROUGH the LiMiT LiVE」2020年1月4日 東京・東京国際フォーラム ホールA セットリスト

01. S.O.S
02. SUCCESS STORY
03. SELFiSH PEOPLE
04. コノ世界ノ片隅デ
05. NEW WORLD
06. maybe blue
07. I don't cry anymore
08. I have to go
09. Talk about
10. TOKYO MOONLiGHT
11. Buttocks beat! beat!
12. WE ARE THE WORLD
13. ERASER HEAD
14. LiTTLE BOY
15. Black to the dreamlight
16. FOR EXAMPLE??
17. NEVER ENDiNG
18. SO i YA
19. Clumsy
20. きっと君と
21. Have it my way
22. RiGHT NOW
23. SUPER FEELiNG GOOD
24. A journey
25. ORDiNARY
26. This is EMPiRE SOUNDS
27. EMPiRE is COMiNG
28. デッドバディ
29. Can you hear me?
30. 曲がりくねった道の
31. Don't tell me why
32. EMPiRE originals
33. ピアス
34. Dope
35. I have a chance!!
36. アカルイミライ
37. MAD LOVE
<アンコール>
38. ERROR
39. アカルイミライ

「EMPiRE ULTRA ViBES TOUR」

2021年4月4日(日)福岡県 Zepp Fukuoka
[1部]OPEN 14:00 / START 15:00
[2部]OPEN 18:00 / START 19:00

2021年4月7日(水)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00

2021年4月11日(日)宮城県 仙台GIGS
[1部]OPEN 14:00 / START 15:00
[2部]OPEN 18:00 / START 19:00

2021年4月17日(土)北海道 Zepp Sapporo
[1部]OPEN 14:00 / START 15:00
[2部]OPEN 18:00 / START 19:00

2021年4月23日(金)大阪府 Zepp Osaka Bayside
OPEN 18:00 / START 19:00

2021年4月25日(日)愛知県 Zepp Nagoya
[1部]OPEN 14:00 / START 15:00
[2部]OPEN 18:00 / START 19:00

2021年4月30日(金)神奈川県 KT Zepp Yokohama
OPEN 18:00 / START 19:00

2021年5月12日(水)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む