Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

影裏

20/2/11(火)

影裏 (C)2020「影裏」製作委員会

ひとは、どのような相手に惹かれるのだろう。 よく言われるのは、自分に似たひと。あるいは、自分にないものを持っているひと。 この映画を観て思う。自分のことを見透かしてくれるだれかを、ひとは求めているのではないか。 それは“他者”だ。 自分のことを理解してくれる“他者”。ほんとうは、ふれてほしくはない部分に、平気な顔で、ふれてくる。しかし、いやな気持ちにはさせず、その指摘を指摘として受けとめることができるように導いてしまう存在。 あるとき、自分では認めたくないナイーヴな局所に踏み込み、そのことによって、自身が別の次元へと進めるかもしれないと予感させてくれる“他者”の到来を、わたしたちは待っている。 それもまた、未知のあこがれであり、ときめきの降臨。 松田龍平が体現する人物の声のフォルム。 “彼”を見つめる綾野剛のまなざしの深度。 ふいに、おのれの無意識に遭遇してしまう時間の経験。 それもまた、映画なのである。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む