Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

毎週連載

オダギリジョー 我が道を進みつづける

オダギリジョー、43歳。俳優、ミュージシャン、そして映画監督。「自分のオリジナリティを深めることにこだわって人生を歩んできた」と話す彼は、ひとつの役割にとらわれず独自の世界を切り拓いてきた。選び抜かれる言葉には嘘がなく、真摯な姿と賢さ(と、時折のジョーク)に、人柄の美しさをにじませる。同時代を生きた者の多くは、彼の映画/発信するユニークなカルチャーに影響を受け、共にたくさんの夢を見ただろう。映画監督を目指し19歳で渡米、25歳で映画初主演。いまや世界中の監督とタッグを組み、第76回ヴェネチア国際映画祭では日本人初の監督作および俳優作ダブル(正式)出品という快挙。とことん「ものづくり」が大好きな彼に、世界が振り向いた。初長編監督作品『ある船頭の話』で表現された独特の世界観には、彼のこれまでの出会いが詰め込まれている。オダギリジョーに影響を与えた人物を振り返ってもらいながら、我が道を突き進み続ける彼の思いを聞いた。(羽佐田瑶子)

アプリで読む