Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

日本で(多分)一番多くの映画を観る(年間800本!=新作、旧作も入れると…)映画評論家

野村 正昭

映画評論家

PMC:ザ・バンカー

『パラサイト 半地下の家族』が、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した上に、第92回アカデミー賞作品賞を含めて4冠受賞という歴史的快挙を成し遂げたのは嬉しい限りだが、この『PMC:ザ・バンカー』を観ると、改めて韓国映画の底力を思い知らされる。 近未来の2024年、韓国と北朝鮮の軍事境界線=DMZの地下30メートルに広がる巨大バンカーで、凄絶なドラマが展開する。元特殊部隊の兵士で傭兵のエイハブは、CIAから、北朝鮮の要人を捕え、安全な場所に護送するよう依頼されるが、その要人の正体は、北朝鮮の最高指導者だった。度重なる誤算の果て、12人の部下と共にエイハブは絶体絶命の窮地に追い込まれてしまう。“半地下”で はなく、本当の地下の銃撃戦は、現実の政治状況を背景にしているだけで目が離せず、アクションまたアクションのつるべ打ち!

20/2/26(水)

アプリで読む