Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

時代劇を中心に、過去の日本映画やテレビドラマについての、主に製作状況に関する研究を行う。スタッフや俳優への取材・聞き書きによる証言収集と検証をライフワークとする。個人的な趣味としては洋画が好き

春日 太一

映画史・時代劇研究家

博士と狂人

美しい物語だ。 オックスフォード英語大辞典の編纂をめぐる人間模様が描かれるが、俳優たちの熱演もあって単なる事実を越えた豊かな人間ドラマとして胸を打たれる。 辞書編纂に全てを捧げるマレー博士をメル・ギブソンがこれまでのイメージとは異なる知性と気品を巧みに演じる。 一方で彼の作業に遠くから協力する精神病院の患者・マイナーを演じるショーン・ペンはひたすら痛切。 そして、かつてマイナーによって夫を奪われたイライザを演じるナタリー・ドーマーの見せる葛藤。 “言葉”が人と人を繋げ、癒し、そして苦しめる。偉業の陰に隠れた、人々の絡み合う感情の経過が丁寧に描かれ、この手の題材にありがちな美談から一線を画した人間ドラマたらしめている。

20/10/14(水)

アプリで読む