Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

“燃え”なければ映画ではない!アツい作品をセレクト

相馬 学

フリーライター

返校 言葉が消えた日

台湾製人気ゲームの映画化という予備知識がなくても、このホラーはドキドキできるし、確かな手ごたえを残す。 舞台となる半世紀前の台湾は恐怖政治、いわゆる白色テロの時代で、言論や思想の自由がなく、密告が横行していた。そんな中で、若い教師たちの手引きで禁制の書物に触れていた高校生たちが、廃墟と化した校内で現実とも幻想ともつかぬ怪奇現象を体験する。 襲いかかるクリーチャー、行く手に待つ絞首用の縄、そしておびただしい血痕。歴史の暗部を踏まえ、その恐怖を幻想的に表現しつつ、切ない青春劇をも展開させるストーリーの妙に唸った。台湾で映画賞を受賞したのも納得の力作。『サイレントヒル』好きにもオススメしたい。

21/7/30(金)

アプリで読む