Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

「クラシックソムリエ検定」編集長にしてピアノのスペシャリスト

高坂 はる香

音楽ライター

太田糸音 ピアノ・リサイタル

2000年生まれの太田糸音さん。私は2年前、浜松国際ピアノコンクールで演奏を聴きました。 純粋さとパッションが同時に感じられる音楽性、伸びやかな表現力、成熟した雰囲気もあるのに、バックステージで見かけたカバンから、巨大リラックマがはみ出しているというかわいらしさと(保温用に持ち歩いているとのこと)、いろいろな角度から記憶に残るピアニストでした。 今回は、5月に予定されていたリサイタルの延期公演。J.S.バッハ、リスト、フィンランドの作曲家ラウタヴァーラ、クライスラー=ラフマニノフ、ラヴェルを披露します。 なかでもリストの「ベッリーニの歌劇『ノルマ』の回想」は、前述の浜松コンクールの際、原曲のオペラが好きでたまらないということを、ノルマに感情移入しまくっているらしい口調で話してくれたことが印象的でした。 時代もスタイルもたいへん幅広いプログラム。これからますます活躍の場を広げていくピアニストの、今の表現を確かめておくチャンスです。

20/12/13(日)

アプリで読む