Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

いつも劇団四季と宝塚と歌舞伎を上演中の劇場にいます

原田 順子

演劇ライター

秀山祭九月大歌舞伎

歌舞伎座の九月公演と言えば、恒例の「秀山祭」。初代中村吉右衛門の俳号“秀山”を冠して、その芸や舞台に対する思いを受け継いでいこうと、当代吉右衛門が始めたもので、今年で11回目を迎えます。 今回も、『河内山』や『俊寛』など、初代ゆかりの演目が並びますが、その中でも気になるのが、昼の部幕開きの『金閣寺』と、夜の部切りの『幽玄』です。 『金閣寺』では、病気療養中だった中村福助が、慶寿院尼役で、約5年ぶりに舞台に復帰します。“三姫”のひとり、雪姫の大役に初めて挑む、進境著しい長男の中村児太郎と久しぶりに親子共演するのも話題です。慶寿院尼は、動きはほとんどないものの、将軍足利義輝の母として、品格や位...

18/8/24(金)

アプリで読む