Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

時代劇研究家ですが趣味は洋画観賞。見知らぬ世界に惹かれます。

春日 太一

映画史・時代劇研究家

この世の果て、数多の終焉

重苦しい戦争映画だ。フランス版『地獄の黙示録』とも言える。 舞台は第二次世界大戦末期から戦後すぐにかけての北ベトナム。現地を植民地支配していたフランス軍兵士の視点で物語は進んでいく。 描かれるのは残虐の連鎖。 駐留する日本軍はフランス人を虐殺し、フランス軍はベトナム人を容赦なく扱い、ベトナムのゲリラはフランス兵を残酷な手法で殺害していく。 主人公のフランス軍人はその全てを目撃。地獄巡りの日々を送る。だが、そんな彼も、ベトナム人将校への復讐の怨念にとり憑かれていた。 正義も美談もそこにはない。あるのは憎悪と狂気と絶望のみ。 どのような終焉を主人公は迎えたのか。それは観る側に委ねられている。その先に敵がいるかさえ定かでない密林の果てで、彼はどうなったのか。投げかけてくるものは、重い。

20/8/11(火)

アプリで読む