Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

音楽、映画、アート、ステージなど幅広いジャンルをプロデュースする

立川 直樹

1949年生まれ プロデューサー、ディレクター

千響 真言宗豊山派仏教青年会 豊山太鼓千響創立10周年記念コンサート SENKYO~いのちの花~

自分でもいろいろなチャレンジをし続けているが、コラボレーションのおもしろさは言葉では形容し難いものがある。昨年の暮れに加藤登紀子の“ほろ酔いコンサート”を聞きに行った時に会話でピックアップした『SENKYO~いのちの花~』のチラシを見た瞬間に僕は手帖を開いてスケジュールのやりくりをした。 『真言宗豊山派仏教青年会 豊山太鼓千響創立10周年記念』として2月26日にサントリーホールで催されるコンサートのステージに登場するのは、真言宗豊山派僧侶に太鼓奏者の林英哲と英哲風雲の会、オルガニストの石丸由佳に加藤登紀子の次女である歌手のYae。聲明とご詠歌・雅楽・太鼓・語りがコラボするというのだが、10年前に同じサントリーホールで行われたコンサートは伝説的に語りつがれている。〈ひとり、ひとりが花…いのちの花曼荼羅世界をここに…〉というコピーも素敵だ。

20/2/1(土)

アプリで読む