Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

話題作、アート系作品を中心に

恩田 泰子

映画記者(読売新聞)

ドミノ 復讐の咆哮

名匠ブライアン・デ・パルマによる久々の監督作。映画としての出来は残念なのだが、なぜ、そうなってしまったのかを考えると興味深い。物語の始まりはコペンハーゲン。 『ゲーム・オブ・スローンズ』のニコライ・コスター=ワルドウー演じる刑事が、自らのミスが招いた悲劇にケリをつけようとしたところ、国際テロをめぐる暗闘の渦中へのみこまれていく。 覗き見風ショットなど、いかにもデ・パルマな映像には心くすぐられるが、どうにもサスペンスに火がつかない。脚本が甘い。一つ一つの場面が無駄に説明的で長い。海外メディアでのデ・パルマの発言を読むと、製作サイドとうまくいかなかったようなのだが……。次作を待つ間にほんのりデ・パルマの薫りをかぐつもりで、どうぞ。

20/2/12(水)

アプリで読む