Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

ダメな人が出てくる情けない話やバカげた映画を中心におススメ

村山 章

映画ライター

ノマドランド

昨年のヴェネチア国際映画祭では金獅子賞、トロント国際映画祭では観客賞、今年のアカデミー賞では大本命と言われている『ノマドランド』。昨年の東京国際映画祭の上映はチケットが瞬殺で大勢の映画ファンが肩を落とした大注目作が、ついに日本公開される。 定住することなく季節労働しながら流浪する中高年の姿を通じて、アメリカの格差社会の現実を浮き彫りにする作品だが、むしろ前景として浮かび上がるのは、圧倒的に美しい寂寥と詩情。北京出身の女性監督クロエ・ジャオと、撮影のジョシュア・ジェームズ・リチャーズの名コンビが生み出す水が流れるような、砂が風に吹かれていくようなニュートラルな世界観を染み入るように感じてほしい。 ちなみにジャオの次回作はマーベルの超大作『エターナルズ』だが、『ノマドランド』と『エターナルズ』に起用されるきっかけになった前作『ザ・ライダー』が各サービスでネット配信中。これぞ“最後の西部劇”と言いたくなる、辺境のカウボーイの生き様を見つめた大傑作だ。今後ジャオの名前があちこちで語られるようになることは間違いなく、『ザ・ライダー』も今のうちにぜひ観ていただきたいと思う。Netflixでは4月6日で配信終了だそうなので、Netflixユーザーはお急ぎください。

21/3/26(金)

アプリで読む