Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

「クラシックソムリエ検定」編集長にしてピアノのスペシャリスト

高坂 はる香

音楽ライター

ジャン・チャクムル ピアノ・リサイタル/トリフォニーホール・グレイト・ピアニスト・シリーズ

昨年開催された浜松国際ピアノコンクール。恩田陸さんの小説『蜜蜂と遠雷』効果で注目を集めていたなか、第10回の頂点に輝いたのは、ユニークな魅力を持つピアニストでした。 ジャン・チャクムル。1997年トルコに生まれ、独自の音楽性を育んだ彼は、現在ワイマールの音楽大学で学んでいるピアニストです。浜松コンクールでは、高い演奏技術はもちろん、説得力を持って自分の感性に基づく解釈を届けられるクリエイティビティが、大変高く評価されていました。中でも、室内楽やコンチェルトで共演者を巻き込みながら奏でた、喜びにあふれる音楽が印象に残ります。 東京で初めてとなる大規模なソロリサイタルでは、J.S.バッハ、メンデルスゾーン、シューベルト、バルトーク、そしてショパンが演奏されます。幅広いレパートリーで、彼の音楽性をあらゆる視点から知ることができそうです。

19/7/28(日)

アプリで読む