Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

J-POPとJ-ROCKのライブを5000本以上観察

平山 雄一

1953年生まれ 音楽評論家、プロデューサー

Slow LIVE '19 in 池上本門寺

夏の終わりの風物詩としてすっかり定着した『Slow LIVE』は、別名“大人のミニフェス”と呼ばれ、ハイクオリティのライブを座って観られるのが特長だ。通常よりも広い“らくらくシート”も用意されていて、快適に過ごすことができるので、常連の方々も多い。 今年の見どころは、8月30日のORIGINAL LOVE(アコースティックセット)だ。なんとこの日のライブはレコーディングされ、イベントのオリジナル・レーベル“Slow LIVE LABEL”からこの秋にアナログ盤でリリースされる予定。気合いの入ったパフォーマンスが期待できる。 8月31日はミュージシャンとして脂の乗ってきた大橋トリオに注目したい。今年2月に『THUNDERBIRD』をリリースした大橋は、4月に新音楽レーベル“A.S.A.B”に参加するなど、活動を活発化させている。 J-WAVEのイベントではホストバンドを務めるなど、高い音楽性を惜しみなく発揮。彼のミュージシャン・スピリットは充実の一途だ。その他、気鋭のブルーズ・ウーマンのReiや、10代の天才、崎山蒼志にも注目だ。 9月1日は、TRICERATOPSの和田唱が、ソロ・パフォーマンスを披露する。ループマシンを使ってのたった一人のライブは、非常にクオリティが高い。その場でトラックを作って歌うのだが、ギターはもちろんボーカル・ハーモニーも自由自在で、その素晴らしさに唖然とすることも。 また、初登場となる木村カエラは、アコースティックセットに挑戦。元々、メロディアスな楽曲表現に定評のある実力派女性シンガーが、その本領を発揮することだろう。

19/8/17(土)

アプリで読む