Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

アジア、中東、欧州の話題作・問題作を

夏目 深雪

著述・編集業

VIDEOPHOBIA

『大和(カルフォルニア)』『TOURISM』など違う形で少女のリアリティを追及してきた宮崎大佑監督。新作は、のっけからエロい画像で驚かせる。そう、本作のヒロインはゆきずりの彼とのエッチの場面がいつの間にか盗撮されてしまいネットにアップされてしまうという、かなり際どいテーマの映画なのだ。 少し洞口依子似の廣田朋菜が、黒沢清映画を彷彿とさせるが、モノクロの画は不条理感満載でジョルジュ・フランジュみたい。後半ドラマ自体が混乱していく感じはオリヴィエ・アサイヤスの『パーソナル・ショッパー』を思い出させる。そして大阪の風景の不思議感と音楽のカッコよさ。前2作も勿論才能は感じさせたが、本作で才能全開、何度でも観たくなる傑作。

20/10/23(金)

アプリで読む