Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

洋画、邦画、時々アニメ 映画で人生が変わります

堀 晃和

ライター&エディター。記者歴27年、元産経新聞文化部長。映画と音楽と酒文化が守備範囲。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

「キャラクターがあれば、物語なんてどんどん流れていく」。漫画原作者の小池一夫は、かつてそんなことを言っていた。キャラクター設定が物語で最も大切だ、と。 主人公のハーレイ・クインは、米「DC」コミックの女性ヴィラン(悪役)。バットマンの宿敵ジョーカーの元カノジョという設定だ。そのカワイイ悪役が、ゴッサム・シティの悪者を牛耳るボスのシオニスと闘うはめに…。 ツインテールの鮮やかな金髪に真っ赤なルージュ、ショートパンツ姿。ティーンのようなハーレイのカラフルなヴィジュアルが印象的だ。そのエキセントリックでパワフルな行動に加え、途中でチームを組むことになった女性キャラクター陣の活躍を眺めているだけで、楽しい気分になる。小池が主張したように、キャラクターがたっていれば、ストーリーは魅力的な人物像に勝手に引っ張られ、どんどん面白い方向に展開していく。 ハーレイを含めた女性チーム5人が、シオニス率いる悪者を次々に倒していくシーンが圧巻。特に、ハーレイを演じたマーゴット・ロビーが見せるクレイジーでキュートな演技に引き込まれる。個人的には強い女性が大好きだ。女性キャラクターが魅力的に描かれた作品は本当に面白い。

20/3/17(火)

アプリで読む