Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

テレビプロデューサー テレビは見ずに演劇、映画、コンサートばかり足を運んでいる

波多野 健

1954年生まれ プロデューサー(イースト・エンタテインメント)

ホテル・ムンバイ

インドのムンバイで2008年に実際に起きた無差別テロ事件を描いている。1000人もの客のいる無防備なホテルに銃を持ったイスラム武装勢力の男たちが乗り込み、男女も関係なく殺していくという中で、ホテルの従業員たちが逃げずに客を救おうとする。実話だけに空恐ろしくなる展開で、映画としてもよくできていた。一番感じたのは、「これが日本で起こったらどうなるのだろうか?」ということだった。平和を満喫している日本ではひとたまりもないだろうな、と。それを防ぐにはSWATとか警察の能力を充実させることではない。外交も含め、人と人が憎み合う環境をいかに減らせるかだと、映画を観ながらずっと考えていた。そんなことを考えさせる映画だった。主演は『スラムドッグ$ミリオネア』『LION / ライオン〜25年目のただいま〜』のデヴ・パテルで、やはりいい味を出していた。お薦めです。

19/9/23(月)

アプリで読む