Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

パール兄弟、作詞家、プロデューサーとして、音楽を中心に活動中

サエキけんぞう

ミュージシャン

アラジン

なかなかチケット入手困難なMX4D・3D版を、水曜日の朝一番、六本木で観てきた。開始20分前で最後の1席。しばらくこの盛況は続きそうだ。 最後の席なので一番前。もともと一番前で観るのが好きなので本望。可動する席は、遊園地などにあるヴァーチャル・シアターと同様で、とても重厚に快適。椅子の重力的な動きで空間を体感し、水や空気がシュパ・シュパっと吹きかけてくる。お高いけれども、テーマパークのアトラクションを見ると思えば、2時間以上の作品だからリーズナブル。3D作品の場合、メガネで縮小されるので一番前でも画面の大きさはちょうどよい。 『コードネーム U.N.C.L.E.』という音楽マニアックな作品をモノにしているガイ・リッチー監督ということで、期待が膨らんだが、想像を上回る、ゴージャスなエンタテインメント。大人にも子供にもお勧めできる。 ウィル・スミス演じる“ランプの魔人”に子供は夢中だろうが、大人としてはバッドで愛嬌あるテイストが味わい深く、切り返しの言葉ひとつひとつが「なんだよ、それ!」と突っ込みどころ満載なのだ。ヒロインの王女ジャスミンを演じるナオミ・スコットも、近頃のヒットとなる真っ直ぐな美貌。まだまだ正統派美人って健在なんだな~、と妙な感心の仕方をしてしまった。 3Dということで、冒険的なシーンが楽しみだったが、子供にとっては、舞台が“アラビアン・ナイト”だけに、見なれない古い中東の街並みやら砂漠やらをかける映像には大満足であろう。また王宮のアラブ衣装の豪華なスタイリングぶりは素晴らしく、そうした絢爛さは、立体感に花をそえ、女性の目も奪うだろう。 たった今のアメリカの下町のような会話から生まれるストーリー構成については、ああだこうだいわずに“ファンタジー”の手中にハマろうではないか?

19/7/13(土)

アプリで読む