Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

日本で(多分)一番多くの映画を観る(年間800本!=新作、旧作も入れると…)映画評論家

野村 正昭

映画評論家

バクラウ 地図から消された村

昨年のカンヌ国際映画祭で『パラサイト 半地下の家族』(19)にパルムドールを譲ったが、審査員賞を受賞したと聞いて、どんな映画なのかと興味津々だったが、これが予想を遥かに越える怪作! ブラジルの片田舎で、次から次へと起きる不可解な出来事。それがやがて暴力という形をとり、凄まじい事態になる。その村はインターネットの地図から姿を消し、上空には正体不明の物体が出現し、村人たちは血まみれの死体で発見される。 『アントニオ・ダス・モルテス』(69)などで知られるブラジル映画界の異才グラウベル・ローシャの気配を濃厚に感じさせ、さらにサム・ペキンパーの暴力と惨劇を掛け合わせたような面白さ。俊英クレベール・メンドンサ・フィリオとジュリアーノ・ドルネレスの共同監督による、この映画は生ぬるい世界映画界に強烈な喝を入れていて、痛快だ。

20/11/26(木)

アプリで読む