Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

歯に衣着せない辛口コメントが人気のクラシック業界ご意見番

東条 碩夫

音楽評論家

グランドオペラ共同制作 プッチーニ作曲 オペラ『トゥーランドット』全3幕

架空の中国を舞台にしたドラマ──男性不信に陥った惨忍なトゥーランドット姫と、彼女の心を溶かす韃靼の王子カラフ、彼に純愛を捧げる少女リューをめぐる物語。「誰も寝てはならぬ」など劇的で有名な音楽が全編にあふれる。 トゥーランドットに田崎尚美と岡田昌子、カラフに福井敬と芹澤佳通、リューに木下美穂子と砂川涼子、佐藤正浩指揮神奈川フィル、阪哲朗指揮山形響(山形公演のみ)などダブルキャストでの上演。 だが、更なる注目はダンスの演出・振付家の大島早紀子が、久しぶりにオペラ演出を手掛けることだ。彼女はすでに東京二期会のプロダクション『ダフネ』(R・シュトラウス)や『ファウストの劫罰』(ベルリオーズ)で演出を担当し、ユニークな舞台を創っていた。今回の『トゥーランドット』では、スペクタクルなオペラの舞台にどのような形でダンスの手法を投入するかが関心を集める。

20/10/10(土)

アプリで読む