Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

邦画も洋画もミーハーに、心理を探る作品が好み

伊藤 さとり

俳優や監督との対談番組を多数、映画パーソナリティ

ロケットマン

まるでエルトンがタロンに乗り移っているかのよう! 初めてタロン・エガートンの歌声を聞いたのは、イルミネーション映画『SING/シング』で、ゴリラのジョニーとしてピアノを弾きながらエルトン・ジョンの『I’m Still Standing』を歌っていた姿でのことでありました。今回はリアルな姿で、しかもエルトン・ジョンの伝記映画で、エルトンの姿で『I’m Still Standing』を聞く日が来ようとは! しかも姿もそっくりなのですよ。歌声もすべてタロンによるエルトンの名曲オンパレードというこだわりよう。音楽の神童がどうやって世界的ミュージシャンになったのかをミュージカル仕立てで綴りながらも、歌作りに焦点を当てるというよりは、エルトンの心の叫びに焦点を当てるという構成なのです。 『アナと雪の女王』のエルサとは真逆のアプローチで、“ありのままで”ではなく、“なりたい自分になった”人間の深層心理の旅物語なのがかなり斬新! しかも彼が成功を手にしたのは、生まれ持った才能だけではなく、生涯の仕事上のバディである作詞家、バーニーとの出会いもあったからだと物語は語っていて、あの名曲『Your Song』誕生シーンには思わず胸が熱くなりました。 タロン・エガートンがこんなにも芸達者だったとは!と驚きが隠せない私の目には、もうひとり、バーニー役のジェイミー・ベルも焼きついておりまして、このふたりがベストマッチだと伝える出会いのシーンのハミングは、その後の曲作りに多大な影響を与えたことを意味しているのです。 キャスティングも演技も最上級、歌声もパフォーマンスも最高級、何より紡がれる名曲たちは宝石。映画を観てからというもの、へビーローテーションでエルトン・ジョンのベストを聞くありさまです。

19/8/19(月)

アプリで読む