Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

クラシックの一般化をライフワークとする元祖クラシックソムリエ

田中 泰

音楽ジャーナリスト

ホールアドバイザー松居直美企画 言葉は音楽、音楽は言葉III オルガンと朗読で聴く「幻想交響曲」

ミューザ川崎シンフォニーホール・アドヴァイザー松居直美による「言葉は音楽、音楽は言葉」企画第3回に持ってこられたのはベルリオーズの代表作「幻想交響曲」。 本来ならばオーケストラが奏でるこの大作をオルガンで奏で、しかも楽章の合間にはベルリオーズ本人が作品に添えた詩の朗読が行われるというのは画期的だ。その昔ピアノ版をCDで聞いたことはあったが、オルガン版は未体験。一体どのような響きになるのか気になる気になる。 ベルリオーズの狂信的な恋心から生まれた作品だけに、込められた想いは半端ではない。それを実体験してみたいかたには特にお薦めだ。オルガンは大木麻理、朗読は山科圭太というフレッシュな顔合わせにも期待したい。

21/2/12(金)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む