Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

ドキュメンタリーの面白さを知ると映画の見方が変わる

村山 匡一郎

映画評論家、大学講師

夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~

その昔、精神障がいを抱えた人々は一種の神様扱いを受けたということを聞いたことがある。ところが、近代社会になると精神障がい者は、各国で違いはあるにしても、概ね隔離されることが多くなったようだ。わが国では1900年に“私宅監置”という隔離制度が法律で制定され、1950年に禁止されたという。一方、戦後アメリカ軍の統治下に置かれた沖縄では1972年まで残った。そんな沖縄における“私宅監禁”の歴史と現実を、ドラマを交えて描いたドキュメンタリーだ。精神障がいの原因はさまざまあるが、沖縄戦のトラウマによる症例があることには改めて驚かされる。精神障がいを抱えた人々は人権も何も否定されて閉じ込められたが、沖縄という地域そのものの歴史的な痛みが重なって胸に鋭く突き刺さる。

21/3/14(日)

アプリで読む