Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

アートのみかた

村田 真

美術ジャーナリスト

四國五郎展

敗戦後シベリアで3年間の抑留生活を体験した四國の絵画、スケッチ、絵本などを展示。シベリアからの帰国後は広島に住み、平和のメッセージを描き続けたが、抑留体験を描くようになったのは、1991年と94年、シベリアへの墓参りと慰霊の旅をしてからのこと。同じくシベリアに送られた香月泰男も、その体験を絵にするのは帰国後何年も経ってからだった。言語に絶する過酷な体験だけに、絵に昇華させるには時間が必要だったのだろう。四國の絵は当時の記憶を元に描いたものだが、半世紀近くもたっているためどこか幻想的な光景になっている。当時の自分たちの隊列を、いまの自分がスケッチしている絵もあって興味をそそられる。

19/11/9(土)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む