Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

歌舞伎とか文楽とか…伝統芸能ってカッコいい!

五十川 晶子

フリー編集者、ライター

『元禄忠臣蔵』『積恋雪関扉』 国立劇場 平成31年3月歌舞伎公演

3月の国立劇場は、中村扇雀と尾上菊之助が、それぞれ初役で大役に挑む。 扇雀が挑むのは『元禄忠臣蔵 ―御浜御殿綱豊卿』のタイトルロール、綱豊卿だ。綱豊、後の六代将軍徳川家宣。将軍家の後継者争いのいざこざが巻き起こっている最中、最有力候補である綱豊は、その争いから逃れるかのように寵愛する側室お喜世とともに、節句の候、“お浜遊び”の真っ最中。そこへ赤穂浪士のひとり、お喜世にとって義理ある兄・富森助右衛門がこの御殿にやってくる。ひょんなことから、綱豊と助右衛門が対峙して……。 このふたりの問答がなにしろ凄まじい。絵面を重視する古典の歌舞伎とは一線を画す丁々発止の対話劇となっている。男ふたりの身分を...

19/2/28(木)

アプリで読む