Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

エンタテインメント性の強い外国映画や日本映画名作上映も

植草 信和

1949年生まれ フリー編集者(元キネマ旬報編集長)

添えもの映画百花繚乱 SPパラダイス[2019]

『生きている小平次』(6/23〜6/29) ラピュタ阿佐ヶ谷 特集「添えもの映画百花繚乱 SPパラダイス」(5/26〜7/27)で上映 原作は鈴木泉三郎の同名戯曲だが、作品的には中川信夫監督のATG作品『怪異談 生きてゐる小平次』の方がよく知られている。しかし、本作の方がキャスティング的には数倍魅力的だ。 中川版は小幡小平次:藤間文彦、那古太九郎:石橋正次、おちか:宮下順子と地味目だが、本作は二代目中村扇雀(四代目坂田藤十郎)、芥川比呂志、八千草薫という豪華布陣(歌舞伎では幸四郎〈現・白鸚〉、染五郎〈現・幸四郎〉、福助が演じたことがある)。おちかの宮下順子も美しいが、八千草薫の可愛さは比類がない。 併映は、仇討ちを成し遂げた後、細川家に預けられた大石内蔵助以下四十七士の切腹までを描いた『琴の爪』(堀川弘通監督)。この二本立ては絶対に見逃せない稀れにみる好企画だ。

19/6/16(日)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む