Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

日本映画注目作を中心に、旧作上映まで幅広く

樋口 尚文

1962年生まれ 映画監督、映画評論家

《黒澤明生誕111年 三船敏郎生誕101年 銀幕に甦れ! 黒澤&三船 日本映画最高のコンビ〈東宝編〉/Aプログラム》

『天国と地獄』1/1、5、11 新文芸坐 「銀幕に甦れ! 黒澤&三船」(1/1〜12)で上映。 『天国と地獄』と言えば、誘拐身代金授受の特急こだまのシーン。刑事たちが車輌ごとからカメラを抱えて、走る列車の窓外を8ミリカメラで撮影する。映っているのはただの鉄橋周りの風景なのに物語のスリリングさは頂点に。これは限定された視点が一気に多角化するダイナミズムの妙であって、要は黒澤映画のマルチカメラ方式を劇中でやってしまったものなのだ。加えて屈折したアプレの犯人を追い詰める仲代達矢の刑事の正義感が、素直に共感できる域を超えて「おまえは死刑だ!」と鬼気迫る憎悪、嫌悪に近いエスカレートぶりに傾斜していくところも、映画の生成過程で構想当初のおさまりを揺れ出て過剰に膨らんでゆく、黒澤映画ならではの面白さだ。

20/12/29(火)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む