Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

昭和の日本映画、フィルム・ノワールなどから

太田 和彦

1946年生まれ エッセイスト、居酒屋評論家

松竹第一主義 松竹映画の100年

『安城家の舞踏会』(8/20) 国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU 特集「松竹第一主義 松竹映画の100年」(7/7~9/6)で上映。 戦後没落してゆく華族階級を描いた名作、というのはご存知のこと。特筆は俳優陣。まず原節子。彼女の本領“深窓の令嬢”がその通りに、アップの美しさ、知性感は全出演作ナンバーワン。行動力なく弱々しい当主・滝沢修が思い直してダンスを踊るステップの見事さ。皮肉しか言えない投げやり知性派・森雅之もピタリ。日本映画は上流階級を描くのがヘタと言われるがこれは別格。

20/8/14(金)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む