Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

本業はヘビメタ誌編集者。寄席、落語会は年200回以上通う。関連著書も多数。

広瀬 和生

「BURRN! 」編集長、落語評論家

立川談春35周年記念独演会 『阿吽』 あうん -平成から令和へ-

今年、落語家生活35周年を迎えた立川談春は8月27日から9月1日まで渋谷のシアターコクーンで「三十五周年記念公演 玉響」を行なった。これは談春の落語に対して音楽ゲストがアンサーソングを披露する六夜連続のイベントで、ゴスペラーズ、尾崎世界観、aiko、斉藤和義、さだまさしが出演したが、12月には年末の大ネタ『文七元結』と『芝浜』をネタ出ししての独演会「阿吽」を開催する。佐野槌の女将の長台詞や吾妻橋での真に迫った演技で引き込む『文七元結』、ラブラブ夫婦の心温まるストーリー『芝浜』と、どちらも談春ならではの説得力に満ちた名演が期待できる演目だ。年の瀬に相応しい35周年企画、即完売が予想されるのでご注意を!

19/9/29(日)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む