Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

現代の名人芸を追い続ける

山本 益博

1948年生まれ 料理評論家、落語評論家、プロデューサー

鯉昇・文治 第429回 国立名人会

国立演芸場開場四十周年記念の公演で、瀧川鯉昇、柳家はん治、桂文治、林家彦いちなどが出演する。 40年前、私は「国立演芸場」ができたときから、この演芸に適した300席ほどの客席のホールにご厄介になっているが、「談志ひとり会」など、ここで思い出に残る名高座にたびたび出会ってきた。 当初は、「国立」という二文字がやけに高尚に感じられて「演芸」の二文字となかなかなじまなかった時代があった。今は「国立演芸場」はじつに自然な感じだが、「国立」に「名人」が続くと、これまた恭しく思えてしまう。よくぞ、400回も続いたものである。「国立」な...

19/4/20(土)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む