Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

時代劇を中心に、過去の日本映画やテレビドラマについての、主に製作状況に関する研究を行う。スタッフや俳優への取材・聞き書きによる証言収集と検証をライフワークとする。個人的な趣味としては洋画が好き

春日 太一

映画史・時代劇研究家

パピチャ 未来へのランウェイ

痛切な作品である。 イスラム原理主義が拡がろうとしていた、1990年代のアルジェリアが舞台。 ヒロインのネジュマはファッション・デザイナーを目指して寄宿学校に通う。だが、原理主義が拡大する中でジャーナリストの姉をテロで殺され、自由は制限されていく。 ネジュマは校内でファッションショーを開催することで、世間の圧力に抗おうとする。 彼女が戦うのは、女性たちに覆い被さる理不尽の数々。 これまで味方だと思っていた男たちが、裏に隠された厭な本性を次々と露にしていく。それに対してネジュマは決して屈することなく、毅然と立ち向かう。 ただの美談では終わらない苦く苦しい展開が待ち受けているが、それでも彼女の凛々しい姿を観ていると応援せずにはいられなくなる。

20/10/29(木)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む